Ray Tracing

生体がもつ一生の記憶の形として残る形骸、骨格を扱い、テーマの一つである記憶のアーカイブをもとに制作。
鏡面に磨き上げることで今この瞬間の状況が映り込み、ものが置かれる環境によってかわる表情が、常に変化し続ける。